足脱毛ってどんな感じで施術されるのでしょう?@痛みは?費用は?様々な知識

足脱毛の流れ

脱毛サロンやクリニックなどでの脱毛の中でもワキ脱毛と並んで人気があるのが足脱毛ということになります。足脱毛を初めて行う際の流れは以下の様なものとなります。


まずは脱毛の施術自体を受けることが初めてということであれば無料カウンセリングを受けるということになります。脱毛に関する疑問点の解消や希望する脱毛部位の相談や自身の肌質や既往症やアレルギーの有無などを申告するということになります。

その日のうちに脱毛の施術を受けるということもありますがほとんどの場合はその場で予約を入れて予約日に施術を受けに脱毛サロンなどに来店するということが多いようです。施術の日の前日くらいには脱毛を予定している部位に関して自分でムダ毛の処理をしておきます。

一番良い処理方法はシェーバーを利用することです。毛抜きやカミソリなどでの自己処理は怪我のもとになり脱毛の施術が受けられないことにもなりますので気をつけましょう。

光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても施術は毛根に向けて照射され毛乳頭や毛包幹細胞を破壊するということで施術は進められます。施術時間は脱毛の部位や数によって違ってきます。

足脱毛でも足全体の脱毛なのか部分的な脱毛なのかで時間も費用も変わってくるということになります。照射が終わると保湿も含めて処理が行われます。施術後の火照りを軽減するための冷却スプレーや冷却ジェルなどを使用されることが多いようです。後は次回の予約をして終了という流れとなります。

ヒゲの脱毛はサロンの方が痛みが少ないです

足脱毛にかかる費用

足脱毛は女性にとっては肌を露出する部分であるがためにムダ毛が気になるところです。特に毛深いことが気になっている女性についてはとても気になる部位だと行っても良いでしょう。

足の脱毛と一口で言っても結構広い範囲となります。膝を中心として膝の上から下まで結構な範囲を脱毛しなくてはいけないということになるからです。施術の範囲が広いということになると気になるのが料金ということになります。

どうしても高くなるのではないかなというイメージになるものです。足脱毛の料金は脱毛サロンで行うのかクリニックで行うのかでも変わってきますし、同じ脱毛サロンやクリニック同士でも微妙に変わってくるものとなります。


目安として考えておけば良い料金としては脱毛サロンで通う回数が10回程度と仮定してヒザ上で40,000円から50,00円程度と見ればよいでしょう。ヒザ下を加えて足全体の脱毛ということになると80,000円から100,000円程度と倍になることになります。

クリニックでの脱毛ということになるとヒザ上で6回程度通うと仮定して100,000円程度、ヒザ下で同じく6回程度通うと仮定して80,000円程度と考えておけば良いでしょう。

足全体ということになるとこのヒザ上とヒザ下の脱毛料金をプラスしたものが必要な費用ということになります。費用的にはレーザー脱毛の方が高いということになりますが施術の回数や期間がクリニックのほうが短いということになります。どちらで足脱毛をするのかを検討する材料にはなるのではないでしょうか。

銀座カラーでは、永久脱毛はできません

足脱毛の施術回数と効果

脱毛の中でも脱毛する範囲が広く脱毛範囲が分割されている場合が多い足脱毛ですが脱毛完了という瞬間にまでに通うべき回数というのはどの程度なのでしょうか。

足脱毛はヒザ上とヒザ下になどで別々に料金設定されている場合がほとんどです。別で料金を設定されているということはそれぞれに脱毛の施術を受ける必要があるということになります。

足脱毛の施術を受ける回数は脱毛サロンで8回から12回程度、クリニックで5回から7回程度と言われています。この回数の違いは脱毛機器の威力の違いと考えてよいでしょう。


クリニックのレーザー脱毛のほうが威力に優れており短期間で脱毛を完了することができるということを意味しているのです。ただし、この回数も個人差は出てきます。比較的にムダ毛が薄い人とムダ毛が濃い目であったり剛毛の人とは施術が完了するまでには当然ながら差が出てくるということになるのです。

また、脱毛の効果はもちろん一定の効果というのは誰にでも出てきますが、人それぞれに思うところが違うようで完全にツルツルを理想としている人もいれば自分で処理をする手間が無くなる程度で良いと思っている人などもいるのです。

そのため、効果の感じ方も人それぞれで早期に効果を感じ取る人もいれば同じ回数でもまだまだと思う人もいるというわけです。レーザー脱毛のほうが機器の威力が強いので短期で効果を実感できる人が多いのですが癒しの雰囲気が好きで脱毛サロンが良いという人もいます。

費用対効果を考えてどこで脱毛をするのが自分に合っているのかを判断しましょう。